14-地域情報記事一覧



2018冬本番

2018年1月22日 月曜日

20180122雪3 20180122雪1 20180122雪2

東京地方は 4年振りの大雪です。 幸いにも明るい内に帰れましたが、夜に帰宅される方は大変だろうな・・・。

天気予報通りだと、明日はあっという間にとけてなくなってしまうことでしょう。 雪国ではこれが毎日、、、たまにはそうしたことに思いを馳せてみるのも良いかもしれませんね^^


もうすぐ通常運転再開です。

2018年1月06日 土曜日

今朝は、お馴染み 「田無神社」 に初詣。

初詣2018-1 初詣2018-2 初詣2018-3

屋台も出るみたいだし、朝から破魔矢やお守り等の授与所も開いていて、まだまだお正月の雰囲気♪

とはいうものの、私は、12月28日から毎日、早寝早起き、規則正しい食事、数時間のパソコン仕事、運動、水仕事、雪かき・・・等々、年末からあまりお正月気分ということもなく、継続して臨戦態勢を保っています^^ノ

3連休明けの週、会社は一気に通常モードに、、、お正月のんびりされた方は、徐々に頭と体を切り替えましょうね^^


青森の冬2018

2018年1月05日 金曜日

年末年始は大抵 東京にいるのですが、今年は、仕事の都合がつき、切符が取れたこともあって、久しぶりに青森の実家に行っていました^^

冬の青森2018-3 冬の青森2018-1 冬の青森2018-5

冬の青森2018-2 冬の青森2018-4 冬の青森2018-6

冬は雲に覆われて中々見ることのできない八甲田山が見れたし、間近で白鳥の群れも見れたし、屋根の雪下ろしもしたし、、、青森の冬を満喫してきました♪


ターゲットがどう感じたのかが大切です。

2017年11月26日 日曜日

最近、運動量を増やしているため、またまた小金井公園へ。 夜の小金井公園はちょっと怖いので、普段は暗くなってからは行かないのですが、、、昨夜は、わざわざ暗くなってから行ってきました。 その目的はこれ、「江戸東京たてもの園のライトアップ」 のイベントです!

紅葉とたてもののライトアップ2017 (クリックで拡大します)

ポスターを見ると、中々綺麗だったので期待して行ってみましたが、柵の外から見えるのは、ぽわ~んとした薄明りの中のたてもの達、、、紅葉も見頃が過ぎていて、ポスターとはかなり見え方が違ってガッカリしたので、中には入らず帰ることにしました。

しかしながら、入口付近には 普段見ないくらいの自転車、そして、次から次へと人が押し寄せていました!? ・・・不思議に思って様子を観察してみると、なるほど、なるほど、、、柵の外から見える来場者の様子や入口に向かう人たちを見て気付いたのは、「私はこのイベントのターゲットではない」 ということ。

見れば、小学生の低学年、あるいは幼稚園・保育園くらいの子供が、それはそれは楽しそうにしているではないですか♪ ダウンを着込み、真っ暗な中で懐中電灯で足下を照らしながら 家族でお出掛け。 普段見ないような古めかしい建物が並ぶ中、ぽわ~んとした不可思議な灯りと懐中電灯を頼りに ママと手をつなぎながら町を散策し、夜店では 温かいものを飲みながら一休み。

・・・こういう人たちのためのイベントなのですね!

帰り道、すれ違いざま耳に入ったのは、、、「もう少し紅葉が綺麗だったら」 「もっとしっかりとライトを当てれば」 ・・・なんて口にしながら自転車をこぐおば様の声。 きっと、彼女たちも私と同様、このイベントのターゲットではなかったようです^^;;

何ごとも、成功か失敗かは、「ターゲットがどう感じたのか」 で判断すれば良いんです。 八方美人にならなくても良いんですよ^^

<お知らせ>
このイベントは 11月26日まで開催しています。 江戸東京たてもの園さんのサイトに 「割引クーポン」 がありますので、行かれる方はぜひお持ちください♪
⇒ http://www.tatemonoen.jp/event/page/2017_lightup_coupon.php

~ 只今、毎日ブログ更新中です ~


小金井公園 2017秋

2017年11月20日 月曜日

連日、小金井公園へウォーキング ~ 往復 11kmなので、まあまあな運動強度です^^

小金井公園2017秋-1

小金井公園2017秋-2 小金井公園2017秋-3

今年のイチョウは、既に散ってしまった木もあれば、ようやく黄色に変わり始めたもの、まだ緑のものまで、、、紅葉の進みがバラバラ。

そういえば、春の桜も開花がバラバラで、散り始めた木の隣は ようやく 5分咲きだったり、、、春秋同じような感じなのはなぜでしょう^^??

~ 只今、毎日ブログ更新中です ~


観光地の運営について・・・

2017年9月19日 火曜日

私は、地域資源を見に、あるいは、観光地の運営状況を見に、あちらこちら伺っていますが、、、今回も少し気になったことが・・・。

まず、今の時代、定番になりつつあるドローン対策は、ネットでは注意書きが出ていたようですが、会場で配るパンフレットには出ていませんでしたね。 おそらく、飛ばせば止めに入るのでしょうけど、、、無用なトラブルを避けるためにもきちんと注意書きや掲示はしておいた方が良いですね。

あと、実際に気になったのが、タバコを吸っていた高齢者 ・・・ 眉をしかめるような状況でした。 料金チケットの裏面には 「園内禁煙」 の記載がありましたが、パンフレットには書かれておらず、園内にもそうした掲示はありませんでした。 ですから、知らずに吸っていたということなのでしょうが、、、周囲への配慮よりもご自身の自由を優先させる人が確実にいるということの表れでしょう。

それと、撮影のための三脚。 ギリギリまで端に寄り、手短に撮影してすぐに撤収するマナーのある撮影者もいましたが、、、やはり、そうした配慮のない巨大なレンズを付けた撮影者が複数いて、通行の妨げになっていましたね。

マナーや譲り合いの気持ちを持ってなんて甘いことを言っていると、必ずいるマナーのない人がトラブルを引き起こしたり、せっかく楽しみに来てくれた来場者に不満足を与えたりすることにも成りかねません。 個人的には、、、主催する立場の人は、もう少しそうしたことに向き合うことが、また、もう少し踏み込んで規制を検討することが 必要なのではないかなと思っています。


巾着田 (埼玉県日高市)

2017年9月19日 火曜日

この時期、よくテレビに出るのが巾着田の 「曼珠沙華」。

秋の彼岸ごろに開花することから 「ヒガンバナ(彼岸花)」 とも呼ばれていますが、、、有毒であることから、これを食べると彼岸=死んでしまう ・・・なんて物騒な由来だったりもするそうです^^;;

そういえば今年はテレビに出ないなぁ・・・なんてフト思い、ネットで開花情報を確認してみると、正に今が一番の見頃とのこと ~ 急きょ思い立って行ってきました!

巾着田2017-1 巾着田2017-2

巾着田2017-3

さすが一眼レフ ~ フェイスブックに載せた写真とは 写りが違います^^

ここ巾着田には 500万本の 「曼珠沙華」 が群生しているそうで、辺り一面、真っ赤な絨毯のようでした♪

明日は、天皇皇后両陛下がお見えになるとのことで、夕方・夜のニュースでは、報道各局 「巾着田」 の様子を映すことでしょう^^


清瀬ひまわりフェスティバル

2017年8月28日 月曜日

東京都清瀬市で開催されている 「清瀬ひまわりフェスティバル」 に行ってきました。 広大な農地に、約 10万本のひまわりが咲き誇っています♪

8月28日現在のところ、半面は見頃が終わっていましたが、もう半面(それ以上?) は今が見頃の満開です^^ ひまわり畑の中まで入れて楽しいですよ♪♪

清瀬ひまわり2017-1 清瀬ひまわり2017-2
清瀬ひまわり2017-3

今年は、9月3日まで開催中 ~ お近くの方は、ぜひ見に行かれてください^^


十二湖 (青森県西津軽郡深浦町)

2017年8月13日 日曜日

十二湖は、千畳敷から海沿い 101号線を南下し、秋田県にほど近い白神山地の一角にある景勝地で、この一帯に 30以上ある池の総称です (湖ではありません^^;)。

十二湖2017-1 十二湖2017-2
(左)青池 (右)ブナ自然林 (写真をクリックすると、拡大して見ることができます)

その中で最も有名なのが 「青池」。 この写真は、特殊効果も何もないオートで撮ったもので、実際にもこのような幻想的な池です。 ブナに囲まれ、底まで見える透き通った鮮やかな青色の池は 正に感動モノですヨ♪ ちなみに、なぜこのような綺麗な青色なのかは 未だ解明されていないのだそうです。

そして、「ブナ自然林」。 ここでは、医学的に裏付けられた森林浴効果が得られるとのことで、免疫機能を向上させ 病気になりにくい体になる効果が期待できるのだそうです。 ここで 2時間ほどトレッキングして、都会でヨレヨレになった心と体をリフレッシュしてきました♪

帰りは、近くにある 「黄金崎不老ふ死温泉」 へ。 旅番組でもよく放送される日本海に面した露天風呂のある温泉ですが、こんなに塩分と鉄分の濃い温泉は初めて~効能が期待できそうです♪

不老ふ死温泉2017

青森市内から十二湖までは、順調にいっても車で 3時間以上掛かるため、今まで行く機会がなかったのですが、、、それくらい時間を掛けても行ってみる価値がありますよ ~ 機会があれば 是非いらしてください^^


千畳敷 (青森県西津軽郡深浦町)

2017年8月12日 土曜日

こちらは、青森県の西側、日本海に面する深浦町にある 「千畳敷」 と呼ばれる景勝地です。 奇岩があちらこちらに、そして、平らな岩浜が海まで続いています♪

千畳敷2017-2 千畳敷2017-1

1792年の地震で、地盤が隆起してできたと云われる岩浜で、これを物珍しがった津軽藩の殿様が、岩浜に千畳の畳を敷かせて大宴会を開いたことから 「千畳敷」 の名称が付けられたのだそうな。 津軽藩の殿様専用の避暑地だったという由緒正しい場所です^^