14-地域情報記事一覧



小金井公園 2017秋

2017年11月20日 月曜日

連日、小金井公園へウォーキング ~ 往復 11kmなので、まあまあな運動強度です^^

小金井公園2017秋-1

小金井公園2017秋-2 小金井公園2017秋-3

今年のイチョウは、既に散ってしまった木もあれば、ようやく黄色に変わり始めたもの、まだ緑のものまで、、、紅葉の進みがバラバラ。

そういえば、春の桜も開花がバラバラで、散り始めた木の隣は ようやく 5分咲きだったり、、、春秋同じような感じなのはなぜでしょう^^??

~ 只今、毎日ブログ更新中です ~


観光地の運営について・・・

2017年9月19日 火曜日

私は、地域資源を見に、あるいは、観光地の運営状況を見に、あちらこちら伺っていますが、、、今回も少し気になったことが・・・。

まず、今の時代、定番になりつつあるドローン対策は、ネットでは注意書きが出ていたようですが、会場で配るパンフレットには出ていませんでしたね。 おそらく、飛ばせば止めに入るのでしょうけど、、、無用なトラブルを避けるためにもきちんと注意書きや掲示はしておいた方が良いですね。

あと、実際に気になったのが、タバコを吸っていた高齢者 ・・・ 眉をしかめるような状況でした。 料金チケットの裏面には 「園内禁煙」 の記載がありましたが、パンフレットには書かれておらず、園内にもそうした掲示はありませんでした。 ですから、知らずに吸っていたということなのでしょうが、、、周囲への配慮よりもご自身の自由を優先させる人が確実にいるということの表れでしょう。

それと、撮影のための三脚。 ギリギリまで端に寄り、手短に撮影してすぐに撤収するマナーのある撮影者もいましたが、、、やはり、そうした配慮のない巨大なレンズを付けた撮影者が複数いて、通行の妨げになっていましたね。

マナーや譲り合いの気持ちを持ってなんて甘いことを言っていると、必ずいるマナーのない人がトラブルを引き起こしたり、せっかく楽しみに来てくれた来場者に不満足を与えたりすることにも成りかねません。 個人的には、、、主催する立場の人は、もう少しそうしたことに向き合うことが、また、もう少し踏み込んで規制を検討することが 必要なのではないかなと思っています。


巾着田 (埼玉県日高市)

2017年9月19日 火曜日

この時期、よくテレビに出るのが巾着田の 「曼珠沙華」。

秋の彼岸ごろに開花することから 「ヒガンバナ(彼岸花)」 とも呼ばれていますが、、、有毒であることから、これを食べると彼岸=死んでしまう ・・・なんて物騒な由来だったりもするそうです^^;;

そういえば今年はテレビに出ないなぁ・・・なんてフト思い、ネットで開花情報を確認してみると、正に今が一番の見頃とのこと ~ 急きょ思い立って行ってきました!

巾着田2017-1 巾着田2017-2

巾着田2017-3

さすが一眼レフ ~ フェイスブックに載せた写真とは 写りが違います^^

ここ巾着田には 500万本の 「曼珠沙華」 が群生しているそうで、辺り一面、真っ赤な絨毯のようでした♪

明日は、天皇皇后両陛下がお見えになるとのことで、夕方・夜のニュースでは、報道各局 「巾着田」 の様子を映すことでしょう^^


清瀬ひまわりフェスティバル

2017年8月28日 月曜日

東京都清瀬市で開催されている 「清瀬ひまわりフェスティバル」 に行ってきました。 広大な農地に、約 10万本のひまわりが咲き誇っています♪

8月28日現在のところ、半面は見頃が終わっていましたが、もう半面(それ以上?) は今が見頃の満開です^^ ひまわり畑の中まで入れて楽しいですよ♪♪

清瀬ひまわり2017-1 清瀬ひまわり2017-2
清瀬ひまわり2017-3

今年は、9月3日まで開催中 ~ お近くの方は、ぜひ見に行かれてください^^


十二湖 (青森県西津軽郡深浦町)

2017年8月13日 日曜日

十二湖は、千畳敷から海沿い 101号線を南下し、秋田県にほど近い白神山地の一角にある景勝地で、この一帯に 30以上ある池の総称です (湖ではありません^^;)。

十二湖2017-1 十二湖2017-2
(左)青池 (右)ブナ自然林 (写真をクリックすると、拡大して見ることができます)

その中で最も有名なのが 「青池」。 この写真は、特殊効果も何もないオートで撮ったもので、実際にもこのような幻想的な池です。 ブナに囲まれ、底まで見える透き通った鮮やかな青色の池は 正に感動モノですヨ♪ ちなみに、なぜこのような綺麗な青色なのかは 未だ解明されていないのだそうです。

そして、「ブナ自然林」。 ここでは、医学的に裏付けられた森林浴効果が得られるとのことで、免疫機能を向上させ 病気になりにくい体になる効果が期待できるのだそうです。 ここで 2時間ほどトレッキングして、都会でヨレヨレになった心と体をリフレッシュしてきました♪

帰りは、近くにある 「黄金崎不老ふ死温泉」 へ。 旅番組でもよく放送される日本海に面した露天風呂のある温泉ですが、こんなに塩分と鉄分の濃い温泉は初めて~効能が期待できそうです♪

不老ふ死温泉2017

青森市内から十二湖までは、順調にいっても車で 3時間以上掛かるため、今まで行く機会がなかったのですが、、、それくらい時間を掛けても行ってみる価値がありますよ ~ 機会があれば 是非いらしてください^^


千畳敷 (青森県西津軽郡深浦町)

2017年8月12日 土曜日

こちらは、青森県の西側、日本海に面する深浦町にある 「千畳敷」 と呼ばれる景勝地です。 奇岩があちらこちらに、そして、平らな岩浜が海まで続いています♪

千畳敷2017-2 千畳敷2017-1

1792年の地震で、地盤が隆起してできたと云われる岩浜で、これを物珍しがった津軽藩の殿様が、岩浜に千畳の畳を敷かせて大宴会を開いたことから 「千畳敷」 の名称が付けられたのだそうな。 津軽藩の殿様専用の避暑地だったという由緒正しい場所です^^


田舎館村(青森県) の 石アート2017

2017年8月12日 土曜日

先週の夏休みの写真を整理したので、少しだけアップします^^

さて、これは誰の肖像画でしょうか?

田舎館村2017-1

 

 

正解は???

 

 

 

 

 

田舎館村2017-2

ダイアナ妃でした! 高倉 健さん、石原 裕次郎さんに続き、今年の新作です。  縦39.6m、横は上側22.0m・下側12.3m の大作を、地上約 14mの展望台から見ることができます。

昨年までの作品はこちら ⇒ http://consult-k.jp/colum/?p=8348

石アートは、第 2田んぼアート会場(弥生の里展望所) で見ることができますが、他にも 田んぼアート 1作品(今年は桃太郎) を見ることができます。

田舎館村2017-3

なぜ童話タッチの桃太郎? と例年に比べて話題性に乏しい題材ですが、、、版権など結構ややこしいらしくてこうなったのだとか・・・(苦笑)

車があるとベストですが、ない場合は、弘前か黒石から 弘南鉄道で来ることができます ~ 「田んぼアート駅」 目の前です。 稲刈りが始まる前に ご覧になってください^^


青森ねぶた祭り 2017 (その2)

2017年8月06日 日曜日

本日 5日目は、昨夜のような異様な状態ではなく、通常の盛り上がった青森ねぶたとなりました^^

今夜の私のお気に入りは、「怨念を募らせて妖術使いとなった平将門の娘 と 陰陽師との戦い」 を描いた 「NTTグループねぶた」 のねぶたです ~ 製作者の北村春一さんは、優秀製作者賞を受賞しました♪

青森ねぶた2017-3
題・妖術師 滝夜叉姫 / 作・北村春一(← 北村麻子さんのいとこです)
(写真をクリックすると、拡大して見ることができます)

ちなみに、ねぶた大賞を受賞した 「あおもり市民ねぶた実行委員会」 のねぶたは、今夜 このようになりました。

青森ねぶた2017-2

「ねぶた大賞」 と 「最優秀製作者賞」 の御印が立っています ~ 昨夜まではなかった大きな声援が上がっていました^^

青森は、ねぶたが終われば 夏も終わり、、、また来年、楽しみにしています^^/

青森ねぶた2017-4


青森ねぶた祭り 2017

2017年8月06日 日曜日

今週は、青森に来ています。 今年は、曜日の並びと天候に非常に恵まれて、昨夜の青森市内中心部は異様な熱気と盛り上がりに包まれていました。

昨夜見た中で、私一番のお気に入りは、「平 維茂と鬼女との戦い」 を描いた 「あおもり市民ねぶた実行委員会」 のねぶたです♪

青森ねぶた2017-1
題・紅葉狩 / 作・北村麻子(← 昨年、商工会議所会頭賞を受賞)
(写真をクリックすると、拡大して見ることができます)

昨夜は、これまで私が見た中で一番の混雑度合い。 曜日の並びの影響もあり、跳人が非常に多く 大混雑でほとんど前に進まず、、、同じ場所にいたのでは、大型ねぶたは半数見られるかどうかでしたので、裏道を走り回って、大型ねぶた 21台中 16台見てきました♪

天候や曜日にもよりますが、やはり、ねぶたをじっくり見たい(写真を撮りたい) なら 2・3日目、祭りの雰囲気を感じたいなら 4・5日目でしょうね。

盛り上がるのは嬉しいことですが、、、盛り上がりすぎると、見る方も参加する方もちょっとしんどいことになってしまいます^^;; 本日 開催5日目、夜間運行最終日は、少し混乱が収まることを願って再チャレンジです!

(追記)
掲載した写真ですが、あおもり市民ねぶた実行委員会のねぶた は 「ねぶた大賞(← 最も良い賞です)」 を、制作者の北村麻子さんは 「最優秀製作者賞」 を受賞されました(祝♪)


決行が良いのか、順延が良いのか・・・

2017年7月29日 土曜日

東京地方、今日は、隅田川花火大会と立川花火大会が開催されました。 大規模な花火大会が 東京の東西で同日開催となるため、特に西側に住んでいる方は、どちらを見ようか悩みどころだったりします。

私は、昨年は隅田川に行ったため、今年は自転車でフラ~っと立川に行こうかと思っていましたが、、、夕方からの本降りの雨にあえなく断念・・・。 結構、激しく降っていたため 明日に順延になるのを期待していましたが、この雨の中 開催されたそうで、、、また 1年待つことにしましょう^^;;

さて、雨のため来場者は激減、屋台等の売上はほとんど見込めないけれど、開催費用は予算通り、明日の不確定要素もなくなる 「雨天決行」 を取るか、、、雨は大丈夫だけれども、また一から準備し直し、スタッフ等の費用がさらに掛かる、関係各所への連絡等で多大な負荷が掛かる 「明日への順延」 を取るか、、、

主催者としては前者一択なのでしょうけれど、出店する事業者や周辺の飲食店としては、商売上がったりなのは勘弁して欲しいところですね・・・。 ただ、天候はどうしようもないところがありますので、、、また別の機会で取り戻しましょう!