16-雑記記事一覧



GWも終盤です。

2017年5月06日 土曜日

連休を楽しんでいる方、のんびりされている方、はたまた 働いている方、、、GWだ、大型連休だと騒いではいるものの、第 3次産業の割合が増えていたり、観光立国を標榜している我が国にあっては、GWは仕事という人が 年々増えているのでは? と思ったりもしています^^;;

さて、私の GWは、運動 と GW明けの仕事の準備を中心に、早寝早起きの規則的な毎日を続けています。 特に運動は、データを振り返ると 29日~今日の 8日間で 141.6km (1日平均 17.7km) 歩いていたようです、、、おかげで随分と体が絞れてきました♪

GW明けの 1週間、フル稼働するための準備は万端です^^ 皆さまは、GWいかがお過ごしですか?


ベランダ決戦(笑)

2017年4月03日 月曜日

それは、10日ほど前、隣接する畑の土起こしから始まりました。 これまで聞いたことがないくらいの鳥の鳴き声がするようになり、畑に目をやると、耕運機の動く姿とともに 数百あるいはそれ以上の鳥の大群・・・。 どうやら、餌を求めて 遠くから集まってきているようです。

翌日は雨が本降りで、鳥の鳴き声もあまりしなくなったなと思いきや、、、気が付くと 昨日よりも近くで鳴いているような??? 気になってベランダのカーテンを開けると、もの干し竿に大きな鳥の姿が、、、慌てて窓を開けると、少し小ぶりの鳩くらいの鳥が 4-5羽、一斉に飛び立ちました。 そして、フト足元に目をやると、そこは白と緑に染まるおぞましい状態に・・・。

戦いの火蓋は切られました。

それからの数日、ネットで情報を得ながら、戦いの中で学びながら、私のベランダは 動物園? テーマパーク?と化していきました。 ・・・鷲 2羽、猫 1匹、蛇 1匹、カラスの死骸 1匹、さらに、手すり上にはトゲトゲとワイヤー、頭上には風車を置き ワイヤーを張りめぐらすという 何とも奇妙なベランダに・・・(苦笑)

その結果、そろそろ勝利宣言を出しても良い状態に^^v

さて、同じような被害に悩んでいる方へ。 効果が高かったのは、ダイソーの 「鳥よけイーグル(吊りひも付き)」 でした ・・・風が吹くと派手に中を舞います。 設置した側は被害がなくなりましたが、設置していない側は被害が続いたため 追加購入しました。 それと、同じくダイソーの 「ステン針金0.28mm×30m」 ・・・これを頭上に張りめぐらすと、細いのに鳥には見えるのでしょう、的面に来なくなりました (※人は見えずに引っ掛かる危険があるので、引っ掛からない高さのみに設置しましょう)。

鳥は、ここは自分の場所だと一度認識すると、物凄い執着心を持ってしまうそうで、、、徹底的にやる(戦う) という気持ちで立ち向かうことが大切なのだそうです(・・・身を持って体験しました)。 諦めずにベランダをこの手に取り戻しましょう^^/


4月1日ということは・・・

2017年4月01日 土曜日

今日から新年度、気持ちも新たに新期のスタートとなります。 違う見方をすれば、2017年の第1 四半期が終了し、第2 四半期のスタートとなります。

皆さまは、進捗率 25%達成していますか? 私は、春を感じながらのんびりと・・・とは言っていられないことに気付いてしまいました^^;;

時が経つのはあっという間ですので、残りの期間を考えながら 気持ちも新たに頑張りたいと思います^^


ジョギングの貢献度・・・

2017年2月26日 日曜日

今日は東京マラソンがありました。 年々参加希望者も増えて一大イベントになりましたね。 そうした影響もあってか、特にこの 1年、ウォーカーが減り ジョガーが顕著に増えているのを感じます。 かくいう私も、昨年から 1回 8-9kmのウォーキングの中で、3-4kmは走るようになっています。

さて、走るようになって実感するのは、「シューズは消耗品」 ということ。

ウォーキングだけではそこまでのダメージはなかったのですが、走るようになって、ソールの減りは早くなるは 内側が擦れて裂けてくるはで、半年程度で履けない状態になってしまいました。

シューズの寿命 (足の裏が痛くなって、靴底を見てビックリ・・・)

最近は 1週間に 70-90kmのペースでウォーク&ジョグしているため、1足を履き続けると数ヶ月でダメになってしまいます。 ・・・ということで、シューズを長持ちさせるために同時に 2足購入、、、ジョギングは、実は結構お金が掛かるスポーツ(健康法) なのですよね^^;;;

とはいうものの、ジョギングは、年齢や場所を問わず自身のペースで続けられ、健康になれば医療費が減り、定期的なシューズの買い替え需要が発生し、各地のマラソン大会で地域の活性化につながるなど、国内の様々な問題(医療費増加、消費低迷、地域衰退、生きがい創出など) に対して貢献度の高いスポーツかもしれません^^


年末年始・・・

2017年1月04日 水曜日

ちょっと慌ただしい 1週間を過ごしていました。

まず、お休みに入る病院が出てきた頃、何やら体に変な菌が入ったらしくリンパ節が腫れ上がりちょっと大変なことに(近くの病院がやっていて助かりました)、、、そして、良くなってきたかと思えば歯が痛くなり、、、年末からストレッチを始めたら やりすぎて腰部捻挫を発症したり(歯の痛み止めにちょうど良いのでロキソニン飲んで保存療法中)・・・。

ついでに、何年か振りにCDを買ったかと思えば、CDデッキが壊れていて音楽は流れずアタフタ、、、1週間程度の間に、色んなことがありました(苦笑)

立て直しにあと 1週間くらい掛かるでしょうか、、、皆さまは、年始 スタートダッシュできていますか^^?


2017年新年のご挨拶

2017年1月01日 日曜日

2017年新年のご挨拶 (クリックすると拡大します)


後悔先に立たず・・・

2016年6月26日 日曜日

インターネットの記事なので、ホント? と前置きした上でのお話です。

英国の国民投票で EU離脱派が勝利した後、英国でよく検索されたワードは 「EUとは?」 だったとか。 そして、開票結果が判明した翌朝、1時間あたりの検索が 3.5倍に跳ね上がったワードが 「EUを離脱したら、なにが起きる」 だったとか。

「分かっているけど改めて検索した人」 ばかりなら良いのですが、、、

「大衆の中では自分の意見なんて・・・」 と思えば、あまり深く考えずに投票したり、投票を棄権したりもするのでしょうが、、、これだけの僅差で国の一大事(どころか世界中に影響を及ぼす一大事) が決まるとなれば、さぞ後悔されている方もいらっしゃることでしょう・・・。

国内では参院選、特に東京都では都知事選も控えています、、、先々のことを真剣に考えて一票を投じたいものですね。


マンホールサミット東京2016 (その3)

2016年3月21日 月曜日

ちなみに、私の密かな楽しみ方ですが、、、

出張や旅行先でマンホールの図柄を見て、その地域の名産や観光資源を知る。 意外な図柄は、調べると新たな発見ができる (例:東京都昭島市はクジラの図柄=世界初の全骨格のクジラの化石が出土したそうです)。 カラーマンホールを探し(=カラーの図柄は場所が限定されているため、見つけると達成感があります)、彩色の美しさを感じる(=自分の感性とは全く異なる色付けがほとんどです)。

同一市内で異なる図柄を見つける(=東西で違っていたりします)。 エラーマンホールを探す(=配管工事の時など、他地域の図柄の蓋が付いていたりします)。 市町村合併した地域で、旧市町村の図柄を探す(=図柄をたどりながら歩いていくと、旧境界線が分かったりします)。 マンホールの蓋の配置から地下の配管をイメージし、その地域の治水度合を考える(=その延長線で 「暗渠(=ブラタモリで有名になりましたね)」 を探すのも楽しいです)。

後半は完全にマニア向けの楽しみ方ですが、、、限りなく少数の共感された方は、これから下を向いて歩いてみませんか?(笑)

(おわり)


マンホールサミット東京2016 (その2)

2016年3月20日 日曜日

一番の目的のリレートークでは、マンホール蓋の製造会社、東京都下水道局、マンホール蓋のデザイン・設計の団体などの専門家、国交省、愛好家などが、それぞれの視点で 外から見ただけでは分からないマンホールの奥深い話をされました。

MHS2016-3 MHS2016-2 MHS2016-1

MHS2016-6 MHS2016-5 MHS2016-4

例えば、地域一番の観光資源等であっても 宗教めいたものは図柄から外す(踏絵を連想させるため) とか、上下が分からない図柄は、三つの穴が逆三角形になる位置で見るとか、撮影はフラッシュを使い、光の反射を防ぐために斜めから撮って、パソコンソフトで台形補正する(円形に戻す) とより美しい写真が残せるとか、世界に 1枚しか存在しない某動物園の図柄とか、、、マニアにはたまらない話ばかりでした♪

サミットに参加して、なんとなく、主催者側からはメジャーにしたい(もっと盛り上げたい) ような雰囲気が感じられたのですが、、、こういうのは、分かる人だけがフフフ とほくそ笑むのが合っているんじゃないかな? と思いました(笑)

(つづく)


マンホールサミット東京2016 (その1)

2016年3月19日 土曜日

マンホールの鉄蓋には 様々な模様やデザインが施されています。 特に、市町村の名産や地域資源が施されたデザインマンホール、、、その美しさや面白さに魅せられて写真収集すること早 10年。

東大和市MH (お気に入りの 東京都東大和市のマンホール蓋)

マンホールの蓋は、下水道が整備されている地域ならどこにでもあるため、存在自体はほとんどの人が知っているはずですが、、、図柄が市町村によって異なっていたり、そこに意味があったり というのは意外と知られていなかったりします。 そんなマニアな世界のため 公言するにはやや恥ずかしさもあり、あまりオープンにはしていない密かな趣味だったのですが、、、マンホールサミットなるものが開かれていると知り、本日やや興奮気味に参加してきました(笑)

会場は、なんと 定員 300名がほぼ満席。 実生活でマンホール蓋に興味を持っている人に会うことがないため、お年寄りや見るからにオタクな感じの人ばかりかと思っていたのですが、、、意外や意外 普通の人ばかり(笑) 多少年配の方が多かったですが、20-30代の若い女性も多かったのが驚きでした。

(つづく)